スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディオ・ブランドーは落ち着けない過去語り編第12話

ディオ・ブランドーは落ち着けない過去語り編第12話

以下ネタバレにつき白文字

幸せになるためには一度不幸になるしかないんやで(ニッコリ)
某ジュビロ先生も言ってらっしゃる。
「世界中の子どもたちに愛と勇気をね! 与えてあげる前提で、
――まず怖がらせるだけ怖がらせてあげちゃうよ――ん!!
一生残る恐怖と衝撃で、一生残る愛と勇気をね!!」
実にいい言葉だ。
私もいつか一生残る愛と勇気を子どもたちに与えてあげたいものです。

と、強がってはみましたが、自分でも割と辛いです。
でも、これぐらいしないと駄目なんですよね。
だって、何の努力も苦労もしていない主人公の言葉なんて、薄っぺらいですし。
それにキャラ崩壊上等な二次創作ですが、それでも悪人を善人として主人公にするならせめてそれが許されるぐらいの報いを受けさせた方がいいと思いまして。
ただ、流石にバッドエンドで終わらせたりするつもりはありません。
あげて……落として……更にあげる……
そうすることができたら最良です。


以下アニメの感想など。

・遊戯王ZEXALⅡ
今すごくどうでもいいことを思ったのですが、バリアンの人間の姿になった時って生前のそれも多分死んだ時の姿ですよね。
で、喜楽壮八が死んだのって多分若くとも三十代、ヘタすると五十代の可能性もありますよね。
そんなおっさんの見た目したのがギラグとして遊馬達の中学校に普通に潜入していたと考えると……
「誰かツッコめよ」って思いますね。
制服着てただけでベクターみたいに生徒としては潜入してなかったからそこまで気にされなかったのでしょうか。

・スペース☆ダンディ
前の話を引きずらない、完全な一話完結のスタイルって最近のアニメじゃすごく珍しいですね。
ゾンビ化どうなった。
後、最新話は名前負けしないほどダンディだったのが良かったですね。

・となりの関くん
新キャラの畜生ぶりが逆に清々しかったです。
ああいうキャラ、嫌いじゃありません。

・ディーふらぐ!
さて、クトゥルフでウ=ス異本を奪い合うシナリオを作るか(SAN値0)

・キルラキル
ここからが本当の戦いって感じですね……
後、あんなことされたのに次回予告観る限りピンピンしてるんですが……
やっぱり生命戦維の力なのか?

・ログ・ホライズン
……何だろう。
シリアスな展開のはずなのに次回予告で「城之内死す」を思い出してしまった。

他にもありますが、全部全部書くと長くなるのでこの辺で。
それでは。

more...

ディオ・ブランドーは落ち着けない過去語り編第11話

ディオ・ブランドーは落ち着けない過去語り編第11話

全然更新できてないのに更に風呂敷を広げるスタイル。
……いや、本当にごめんなさい。
言霊のくだりや十拳剣のくだりは、流用と自己解釈が入り混じって意味不明の状態になってます。

以下新アニメの感想。
今期から始まるアニメは私的には「絶対に試聴するぜヒャッハー」なものはないですね。
銀の匙は……今期から始まるってか2クールですし、普通に見ます。

・ウィッチクラフトワークス
 タイトル名がなんか好き。
 ぶっちゃけタイトル名とヒロイン?の見た目で第一話を観ることにしました。
 今のところおっぱいと拷問と個性的なデザインとしか言い様がないですね。
・スペース☆ダンディ
 こういう古臭いの好きです。でも古臭いと言ってもそこまで古くないような気もしたりします。
 しかし、何故カウボーイビバップと比較されるのか……
 そもそもの作品の雰囲気が違うと思うんですけどね。
・となりの関くん
 EDが好きです。
 ドミノ倒しは個人的に好きではなかったですが、将棋のあれはメチャクチャ好きでした。
 多分、好きになる回にその人の笑いのツボが分かる作品なんでしょうね。
・ディーふらぐ!
 漫画は読んでなかったのですが、「船堀」の元ネタだと聞いて視聴決定しました。
・世界征服~謀略のズヴィズダー~
 男の子はヒーローとロボットに憧れるものです。
 でもそれと同じぐらい怪人や世界征服にも憧れるでしょう。
 まぁ、つまり、なんだ。
 世界征服って単語だけで視聴しました。

この他もいくつか観てますが何を何と書けばいいのかまだ分からない感じですね。

 それでは。

ディオ・ブランドーは落ち着けない過去語り編第十話

ディオ・ブランドーは落ち着けない過去語り編第十話

更新が一年以上ぶりだと……?
そりゃうp主失踪シリーズタグもつきますね。

内容的にはようやく、過去語り編の折り返し地点に到達した感じでしょうか?
新キャラとか出て新展開とか起きて、話自体は結構進んだかと思います。

しかし、考えればもうそろそろストーリー動画作り始めて三年になるんですね。
なんて言うか、時の流れってすごいですね。
あの頃は良くも悪くも幼かったですね。いや、今も十分精神的には幼稚ですが。
ネタが荒削りで、調子乗ってて、挙句色んな人に迷惑かけて……我ながらろくでもないですね。良くも悪くもと言いましたが、悪いことしかないです。
しかも、三年前と今とでそれ程作品のクオリティが上がっているように思えない……
三年間、一体何をしてきたんだって感じです。

それでは。

ディオ・ブランドーは落ち着けない過去語り編アナザー

アナザーの意味があっているかどうかは分かりませんが、アナザーです。

ディオ・ブランドーは落ち着けない過去語り編アナザー

しかし、番外編でも「もしも」編でもなく、ちゃんとした過去語り編の一部です。
ただ時間軸と視点が違うだけです。
この話はもっと先にやりたかったのですが、諸事情により先延ばしになっておりました。

なんか誤字が多いですが、気にしないでいただけると助かります。


それでは、しばらくユウ☆キ☆オウが続くでしょうが、ご了承下さい。


追記:wikiのバルバトス=ヤンデレという解釈は笑いました。「やっぱ一人じゃ寂しいから、これから毎日暗殺しようぜ(要約)」っていうのが特に。
流石にそこまで寂しがり屋な感じではないでしょうが、おそらく八郎太に対して何かしらのコンプレックスがあるので狙ったのでしょう。
或いは八郎太を自分と同じ存在だと考えており、同族嫌悪、もしくは自分を差し置いて幸せになる八郎太が許せなかったとか……
……なんで私は自分の動画に対して推測をしているんでしょう?

後、上記の通り今でもwikiは利用させてもらっています。流石に編集は行なっていませんが。
見ないと逆に別に失敗をしてしまいそうですし。
特に「動画使用に制限のあるキャラ」の一覧が出来たことはやはり便利ですね。
今のところ問題は⑨氏のキャラぐらいでしょうか?
カイザは条件が緩くなったようなので動画使用も可能かもしれませんが、せっかく思いついた設定ですのでパワーアップイベントにより別キャラに変わります。

ディオ・ブランドーは落ち着けない過去語り編第九話

ディオ・ブランドーは落ち着けない過去語り編第九話
やめてくれないか、ニーサンでゴリ押しするのは。

エターナったと思われるかも知れないけど、私は元気です。
と言う訳で、ちまちま作っていたディ落ちがようやく完成しました。
今回は少しネタが多めだと思います。
ほぼニーサンしかないような気もしますが。
一つのネタを使ったら、それに関連するネタが頭の中に出て来てしまうんですよね……
後、急展開はいつもの事なので気にしません。
むしろ急展開を多用しないと私の動画は話が進まない事に最近気がつきました。


それでは。


↓追記は勿論遊戯王。

more...

プロフィール

マスクド

Author:マスクド
すっかりデュエル脳に……

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。