スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユウ☆キ☆オウ第1闘

ユウ☆キ☆オウ第1闘A
ユウ☆キ☆オウ第1闘B


まさかの前後編、まさかのデュエル16分超え。
白湯さんと承太郎が才能の片鱗を見せ始める回。
伏せカードの順番が私のミスで入れ替わってしまっていますが(本来グラヴィティ・バインドがあるはずの場所に前から伏せていた神の宣告があり、2つ目のグラヴィティ・バインドが1つ目のグラヴィティ・バインドの隣になった)、デュエルの結果に変化はないのでご了承下さい。
後、今回からカードの効果を説明するようにしています。
なので動画時間は伸びるでしょうがご了承下さい。
一度した説明はしないつもりですので、流石に16分超えは今後ないでしょうが。
まぁ、長いですがその分デュエルの決着の仕方がとても綺麗なので、見応えのあるものになっているはずです。


どうでもいいですが、なんかこの動画は他の動画と比べると伸びて欲しいって願望が強いんですよね。
やはり二人で作っているからですかね。

それでは。

追記:話し合いの末、前回提供してくださった2つのデッキはストーリーの都合上すぐには出せませんし、デュエルも一度きりになるでしょうが使用させていただくことになりました。
   提供してくださったtororoさん、本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

前の日記でのコメ返しも含めてー乙ー!!

まさかいきなりタッグデュエルとは……シングルから始めた方がややこしくなくてよかったのでは(一見さんに対して)と思った不安がちらほら。
にしてもフィフティフィフティ相手に急造タッグでよく勝てたなー。お前ら喧嘩してる場合かww
タッグ前提のデッキ構築だと水邪も炎邪もシングルだとあまり強くないんだろうなー。
大会にも出てないようだし……汚いな神(自称)さすが汚い。男ならデッキ一つで勝負せんかー!!

とはいえ、見ごたえはありました。次回も期待。
とりあえず前編後編に分けない方が親切設計?


以下、隠して続く。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

tororoさん。

そうですね……
そうも考えたのですが、ユウキと承太郎の間に信頼関係を結ばせるにはタッグが手っ取り早いかなと思いまして。
白湯さんには「プリキュア的な喧嘩して速攻仲直り」と言われましたが(笑)。
白湯さん曰く「水邪&炎邪VS承太郎一人ならもっと楽に勝ってた」だそうです。私もそう思います。
水邪と炎邪のデッキはシングルだと弱いです。
ただタッグだとロック担当とパーミ担当に分かれられるのでかなり強いですが。

これ以降はデュエルもこれ以上長くならないと思いますので、一つにまとめられると思います。
今回は分けないと重すぎて……

後キャラデッキ2つ3つ……だと……
流石ですね……
今のところ十数話ぐらいまでの予定はできているので、様子見は大歓迎どころか先に教えていただいてもすぐには出せないので申し訳なくなります。
特別なカードさえなければ六話目ぐらいまでなら入れれますが。

それでは。

P.S.
tororoさんの考えて下さったデッキのお陰で、新たな設定が生まれました。
ありがとうございます。

No title

見るのが遅れに遅れた・・・。

しかしディ落ちにもMUGENにいないゴルベーザが出ましたがクルガンとは
完全に予想の斜め上でした・・・。きっちりライオンの誤字かと引っかかりましたw
キャラ選の理由が気になりますw
にしても彼の言ってた八汰烏は凶悪ですねぇ。昔やってたワンダースワンのTCG
「東京魔人學園符咒封録」にも入手方法を知ってればストーリーモードを一周
ごとに一枚手に入るクリーチャーで
「攻撃に成功すると相手の手札および場に出ているクリーチャーを全て破壊する」
なんて凶悪なカードがあって(多分対CPU戦用の初心者救済)
騒ぎになりましたが(しかもやりようによって1ターン目から出すのも十分可能)
そちらはもっとエグいですね。そりゃ禁止になるわ・・・。

デュエルの方は実にきれいに相手のデッキの脅威、ピンチ、
仲間割れ(一方的にユウキが悪いけどw)、そこから絆を繋いで逆転と
決まってましたね!MUGEN演出もカッコ良かったです!!

遊戯王は最初のジャンプに載ってたのしか知りませんがまだ現役のカードが
結構あって嬉しいですw

それでは長文失礼しました、これから第2闘も見て感想書きます。

No title

ジャスさん。

キャラ選の理由は「ほう、これが~~ですか。すばらしい」の台詞が妙にツボにはまったからです。
ツボにはまった理由は「ケツの人」という人の動画に書かれているコメントなんですけどね(笑)
どちらかエグいと言われると甲乙付けがたいですね……
一度だけでも戦闘ダメージを与えれば八汰烏は暴走するのですが、それが少し大変かもしれません。
まぁ、専用デッキでロックが完成すれば実質的に相手に何もさせずに勝つのですが。

デュエルは白湯さんが担当しているのですが、何だか自分も褒められているようで嬉しいです。
王道パターンですが、それ故に清々しいですよね。

遊戯王は明らかな上位互換があるカードやステータスの低い通常モンスター以外は基本的に現役ですよ(禁止除く)。
今後もそれ程多くはないでしょうが懐かしいカードが登場するのでお楽しみ下さい。

それでは。
プロフィール

マスクド

Author:マスクド
すっかりデュエル脳に……

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。