スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディオ・ブランドーは落ち着けない過去語り編第8話

ディオ・ブランドーは落ち着けない過去語り編第8話

二ヶ月以上かけて八分、それもストーリー全然進んでないとか(笑)
正直観た人はがっかりするでしょうし、早めに第9話を作りたいです。






最近、再び遊戯王にはまり始めました。
デュエル相手は友人(ロリコン)しかいないんですけどね。
そしてその友人が強いのなんのったらありゃしません。
魔法カードを封じて更に攻撃も封じてひたすらライフを回復しまくるという、戦ったらとんでもなくうざく感じるデッキです。しかもモンスターは女性、それも幼女ばかり。おお、いやらしい。
そしてそのデッキに惨敗しました。
ライフ差二万数千って最早別のカードゲームなんじゃないかっていう数値になって……
一応私はデッキを補強してそのデッキに対抗できるようになったのですが……
私のデッキを強化したのは友人がくれたカードばっかりっていう……
いや、一応私のカードもあるんですよ。
でも、友人のくれたカードばっかり役に立って……畜生。

友人のおかげでそのデッキに勝てるようになったのですが(たまたま魔法ロックが発動しなかったのも大きいですが)、今度は友人の『電池メンデッキ』に勝てず、煮え湯を飲まされています。
私もまだ詳しくないのですが、戦った感じでは一気に電池メンと名のつくモンスターを勢揃いさせ、それぞれの効果で苦しめるというやり方です。

ちなみに私は少年時代、何度か「手札に一切のモンスターカードが来ない」と言うとんでもない事態に陥った事があるので、召喚する度にモンスターサーチの出来るガジェット三種を使用しています。
それでもガジェットか他のサーチカードが手札に来ないと意味が無いんですけどね。

て言うか、この歳になって遊戯王にはまるっていうのもどうなんですかね? まぁ、面白いですが。
結構戦略性とカードの組み合わせが鍵になってきますからね。
……最近はカードが増え過ぎたせいで「強い効果のカード」とか「シリーズもの」を揃えるだけで強くなれますけどね。

それでは。



時々やりたくなる今後やりたい作品の紹介
まだ終わりそうにない作品が二つ&始めたいけど製作に躓いている作品がある状態なので全部やれるかどうか謎になってきましたが、とりあえずこの紹介だけはちょくちょくやっておきたいと思います。
自分の中で話が少しずつ変わっているので始めた時に「おい、話と違うじゃねえか!!」と思われるかもしれないので。
それに、私の性格的にこうやって逃げ場をなくしていった方が、うp主失踪シリーズにならないでしょうし。
後、登場メンバーを決めているものも書いておきます。変更するかもしれませんが。

・主人公ア組!
 主人公になったアサギが本当の主人公とは何かを考え、迷走する話。
 学園ものにするかもしれないし、ディ落ち的な感じにするかもしれません。
 登場キャラ:アサギ、アレックス、アッシュ・クリムゾン、アカツキ、愛乃はぁと、アストロ、アステカ
・湯っくり七夜里
 七夜が温泉旅館を経営する話。自作品クロスオーバーってある意味自演乙ですよね。
 登場キャラ:七夜、白レン
・ルナ・サークル
 劇団による劇。つまり登場人物固定の短編集みたいな感じです。
 時々劇団員達の日常とか挟んで。
 登場キャラ:ルナサ、ワラキアの夜
・住めば都のオダギリ城
 クウガが誰もいない古城を見つけ、そこを集合住宅に改装して色んな人を住ませる話。
 タイトル通りドッコイダーパロですが、ある程度の設定をパロっただけで結構オリジナル要素が目立ちます。
 しかしMUGEN的には主人公が集合住宅の管理人って設定、I can`t back to the yesterday等と被ってしまいますね。
 まぁ、方向性が違うので大丈夫だとは思います。
 ケージュさんお許し下さい!!
 登場キャラ:クウガ、かなか、カイザ、柳生十兵衛
・天より隆く
 三部構成の正統派格闘漫画的な動画。
 登場キャラ:リュウ、リョウ、翔
・七人のおっさん
 おっさんのおっさんによるおっさんの為の熱きおっさんストーリー
 おっさんの共同生活とかある意味腐女子ホイホイかもしれない。
 登場キャラ:スレイヤー、マイク・ハガー、ラオウ、ハイデルン、ベガ、レオ、柳生十兵衛
・夢幻学校奇譚
 色々考えた結果、一番MUGEN要素と絡められそうなのはフリーのホラーゲーム的な感じです。
 つまり、逃げゲー、死にゲー、です。
 戦闘は一発撮りで、勝ったら延命、負けたら即死。
 ……もう学校でやる必要無くね?
 登場キャラ:先代巫女
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

遊戯王は自分もやっています。
最近では、バグマンデッキ・天変地異コントロール・除外利用海竜・ジャンクシンクロ……などのデッキを使っています。
新シリーズになって新たに黒いカード「エクシーズ」が登場しましたが、中々面白くてどんどん種類が増えて欲しい。
新アニメのゼアルも初心者向けでルールがわかりやすくなっていますし…(最初はバイクに乗ってデュエルしない事に違和感を感じていましたが(オイ)…やっぱり遊戯王は今年も絶好調ですね。

P.S.
ディ落ち最新話きた!!(テコッチデカヨw
まさかサンタナの正体があいつだったとは……次回も期待です。

No title

tororoさん。
おお、デュエルは出来ませんが、話が通じる人がいるというのは嬉しい事です。
しかし、デッキが多いですね……
私ももう一つ程デッキを作りたいんですが、余ったカードでまともなデッキを作れそうにないんですよね。
今使っている代償ガジェット?もまだ未完成ですし。
新アニメはまだ観れていませんが、主人公の髪型が遊戯を超える程奇抜だとは聞きました。
そう考えると、十代は主人公なのに地味な髪型でしたよね。
遊戯王って長く続いているイメージがありましたが、まだ四作目なんですね。
五作目になった時に新しい概念が登場したりしたらもう頭の中こんがらがってついていけなくなるかもしれません(笑)


P.S.
こっちが追記でもノープロブレムです。
サンタナ……一体何者なんだ(棒)

それでは。

No title

過去語り編第8話視聴させていただきました。
リップ・セイバーがドノヴァンポジで出たんで乙と思ってたら
シュトロハイム要素も混じってて?いい役なんで嬉しかったです。
どこぞの魔剣使いが恐ろしく悲しげな目つきで見てる気がしますがw

久々に紫字が出たからびびったらまさか「あいつ」だったとは・・・。
確かにあの人が理性無くして暴れまわったら誰にとっても災厄ですね。
はたして、原作より微妙に綺麗なジョジョはサンタナを止められるのか?
次回も楽しみにしています。

P.S.
遊戯王は昔ジャンプでやっていただけしか知りませんが、TCGは昔
「ガンダムウォー」と「東京魔人學園符咒封録」をやっていました。
別に少ないというわけでも無いのにクリーチャーが来ないっていうこと自体は稀によくある気がします。
しかし十代が地味って遊戯王は恐ろしい世界ですね・・・。

P.S.2
夢幻学校奇譚、けっこう恐怖に重点をおいていますね。
てっきり「地獄先生ぬ~べ~」とか「アウターゾーン」ぐらいの比較的ゆるい感じかと思っていましたが。
何だかんだ言ってモチベが何より大事ですのでマスクドさんの好きなようにやっていただければと思います。
ところで「奇妙な花嫁」の七夜里話でギースが出てたと思うのですが予定が変わったのでしょうか?
長々と申し訳ありませんでした、それでは・・・。

No title

ジャスさん。
ドノヴァンは完全に名前をド忘れしてました。
確かに名前繋がりで彼を出せば良かったですね。
許せ、ドノヴァン……

サンタナ……一体何者なんだ……って、もうばればれですが。
原作より微妙に綺麗……なんでしょうか(笑)

P.S.1
ガンダムウォーは友人から結構話は聞いていますが、なかなか難しそうな感じですね。
「東京魔人學園符咒封録」は初耳ですね。調べてみます。
この間友人と戦って稀によくある事が連発して惨敗しました(笑)
他の遊戯王主人公は、一色じゃなくて別の色が入ってますからね。
遊戯の髪型はツンツンですし、遊星の髪型は蟹ですし。
新主人公はピンクが入った「あれ、これ髪留めしてんじゃね?」って感じの髪型です。

P.S.2
夢幻学校奇譚は結構迷走しています。
最初から結構ホラー色強めで考えていたのでこうしましたが、また予定を変更するかもしれません。
七夜里はメンバーが多過ぎたので、敢えて書きませんでした(笑)
ギースもデス=アダーもジャギも鉄兵も師範も草薙もでます。

それでは。
プロフィール

マスクド

Author:マスクド
すっかりデュエル脳に……

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。