スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユウ☆キ☆オウ世界観設定

視聴者さんが疑問に思った設定などを中心に載せていくつもりです。
少しずつ増えていくと思います。

・名無しさんについて
動画にて「設定がわかんねえ・・・5D'sの鬼柳さんと同一人物なのか?パラレルワールド設定?」と仰られた方がいましたのでお答えしますと……(その人がここを見ているかどうかは分かりませんが)
パラレルワールドですらない何かです。
まず、同一人物は絶対にありえません。
だって、原作の鬼柳さんはライディンデュエルを作ったりしてませんし、ファッションリーダー時代に恋人を失ったりとかもしていません。顔も声も性格も違いますし。
では、パラレルワールドと問われれば、それもありえないのです。
私が思うパラレルワールドとは「可能性の世界」なわけですが、それはあくまで「有り得る範疇の可能性」だと思います。
つまり、遊星とアキとムクロさんがチームメイトである可能性の未来とかですね(あれはむしろ正史だったのかも知れませんが)。
しかし、ユウキや承太郎が同じ世界にいる可能性なんて、まずありません。
つまり、本来なら有り得ない可能性をあたかも有り得るように演出しているだけなのです。
まぁ、一言で言えば「MUGEN故致し方なし」といったところでしょうか。
要するに、二次創作どころか、三次、四次ぐらいの創作なので小難しいこと考えずに楽しんでもらうノリが一番かと。

・タイトルと闘王について(没ネタ)
タイトルのユウ☆キ☆オウと作中に出てくる闘王(デュエルキング)には実は元があるのです。
遊☆戯☆王→ユウ☆キ☆オウで間違いはないのですが、実は白湯さんに声をかける前段階の設定ではユウキとラオウのダブル主人公でした。
つまり、ユウ☆キ☆オウのオウの部分、及び闘王はラオウのことだったのです。
しかし、私がラオウに相応しいデッキを思いつくことができず(ユウキは光属性系の機械族デッキにしようかとも思いましたが、白湯さんにリアルで「なぁにこれぇ」と思われた初期段階の私のガジェットデッキにちょっと手を加えたものを使わせました)それは頓挫。
結局、デュエルキングは別のキャラになり(まぁ、そのキャラになることで設定に色々な面白さは出ましたが)、ユウキ+ラオウで生まれたユウ☆キ☆オウというタイトルと、拳王からもじった闘王という単語だけが残ったのです。
あわれラオウ……

・ナンバーズについて
ナンバーズはその人の心の強さの現れです。
デュエリストの魂によって生まれるもので、場合によってはその人を象徴するかのようなカードや、その人の使うデッキにシナジーするカードが生まれます。
心や魂という不定形なものから生まれるので、人によっては二種類以上のナンバーズを持っていることや、同じナンバーズを何枚も持っているということもあります。
また、ナンバーズはその人しか持っていないというわけではないので、同じナンバーズを他人が持っている可能性もあります。
後、回収とかはするつもりがありません。
他人の心から生まれたカードを奪うだなんてとんでもない。

・デュエル法について
この動画内ではデュエル法というものが存在します。
細かいことまで考えていませんが、その内の一つに「デュエリスト同士の取り決めは、互いが同意した場合他の法を犯すものでなければ厳守しなければならない」というものがあります。
その為、警察が犯人を武力行使で抑えられない場合、又は逮捕状がなく現行犯でもない為取り押さえることができない場合などにデュエルをしかけるわけです。逆に普通に逮捕できる時は普通に逮捕します。
しかし「犯罪者がこの法律だけを礼儀正しく守ってくれるのか?」という疑問はあるでしょう。
全員が全員ではありませんが、守る人は多いです。
これは法律と言うより、デュエリストとしてのプライドの問題です。
デュエルが中心となっている世界観なので、人としてプライドを捨てていてもデュエリストとしてはプライドを捨てられない人も多くいるのです。だからアンティルールなどが成り立つのです。
ですが、勘違いの無いように言っておくと、デュエルが中心だからとは言え弱いデュエリストやそもそもデュエリストでない人が社会的に弱い立場にあるわけでもありませんし、一部の職業(プロデュエリスト、デュエルアカデミア教師等)を除けば別にデュエリストでなくても就職できます。
スポンサーサイト

デッキ案についての返信4

デッキ案についての返信です。
再び一気にデッキが投稿されない限りはここに追加していく形になると思います。

New↓

tororoさん。
デッキ変更、投稿共に承りました。
しかし、既にそのポジションで出したいキャラは存在するので、すみませんが別のポジションで出させていただくことになりそうです。

白湯さん。
却下
というのは嘘ですが、何やってんスか、アンタ。
一瞬、同じハンドルネームの別人かとも思いましたが、その割には三部に関する事情に精通していたのでちょっとビビリましたよ。
デッキは面白いコンセプトでしたので、私も登場させるのが楽しみです。
しかし、良かったのですか?
原作を知らない私がどんなキャラにしてしまうか分かりませんよ……(にやり

砂子さん。
問題がありそうだと思ったがそんな事はなかったぜ!!
(訳:デッキが被るキャラがいましたが、考えている内にそのキャラのデッキがより原作設定に忠実そうなものになったので問題はなくなりました)

匿名希望さん(名前が書かれていなかったのでこう呼ばせて頂きます)
そのデッキとキャラ、及び切り札は既に考えていたので問題なく登場します。
ただ、今回は上記の通り既に考えていたものと一致していたのでいいのですが、次回からはより詳細なデッキ内容にしてくださると助かります。
もしデッキをある程度自由に組めるようにという配慮でしたら、一言そう仰って欲しかったです。
募集している立場で偉そうなことを言うようですが、私は「誰々をどのデッキで出して欲しい」というような要望よりも「自分がこのキャラをイメージしてデッキ作りました!! これを色んな人に観て欲しいです!!」という夢を叶えたいので。

返信済み↓

砂子さん。
デッキ投稿ありがとうございます。
実はご投稿していただいたデッキは登場するキャラと同じコンセプトのデッキになっております。
少し悩みましたが、白湯さんと話しあった結果そのキャラの親族というポジションで後々出させて頂くことになりました。

雄輝さん。
ご投稿頂いたキャラはすでにご投稿いただいたものと同じデッキを使い登場する予定でした。
細かいデッキ構成まではまだ考えていなかったので、とてもありがたいです。
是非使わせていただきたいのですが、実は設定上、そのキャラの一度目の登場時には特殊なギミックを組み込む必要があるため、現在のままでの使用だと一部問題が発生します。
つきましては、ご投稿いただいたデッキを一度こちらで改造した形で登場させたのち、再登場以降はご投稿いただいたデッキを使用させたいと思います。
それと、以前ご投稿いただいたデッキについては、その3人のうち、優先順位が一番の方に使用させていただきます。

tororoさん。
申し訳ありませんが、既に第二部に登場するキャラはアルカナを含む全てを決定しているので、ご投稿いただいたデッキは全て、第三部以降に第二部に関する設定を変更した上で登場させて頂きます。

ユリポエ=久瀬佐祐さん。
少々特殊な事情(以前に仰られていたナンバーズの件とは別の)があり、悩みましたが白湯さんと話し合った末、変更もなくそのまま登場させて頂くことになりました。

oeiさん。
特に問題はありませんでした。
第三部以降に登場させて頂きます。

ごえんだまさん。
白湯さん曰く、「ょぅι゛ょのデッキ……
俺と同じタイプのデッキだと……ッ!
ごえんだまさんとは是非とも一度語り合いたい
気になるのは、防御系のカードが少ないこと
これじゃあ○○ちゃんや××たんが痛い痛いなっちゃうじゃないかああああああああああああああああ
うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
幼女を使うなら!幼女を守り!幼女を愛し!幼女とともに戦うべきだ!
ぴみゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
とりあえず、ょぅι゛ょで可愛いから採用です
とりあえず、ょぅι゛ょで可愛いから採用です(大事なことなので二回言いました)」
もう一つのデッキも採用させていただきます。


基本的にキャラやデッキ被りは私達が考えたもの(或いは先に投稿されているもの)を優先したいと思います。

それと、言い忘れていましたが、デッキの条件に「【フルバーン】は禁止。その他先攻1キルで勝つことを目的としたデッキは極力控える」「死者蘇生を入れること」があります。
こちらはデッキ投稿をする記事の方にも書いておきます。

ユウ☆キ☆オウ第32闘

ユウ☆キ☆オウ第32闘

以下はネタバレにつき白文字。

「ラピスラズリ」は聴いた瞬間、サティスファクションのテーマソングとして使うしかなかった。
「またTHE BACK HORNの曲か」と思われるでしょうが、好きなので仕方ありませんね。
名無しさんの設定については当初から考えていた通りです。
重い設定にすればするほど、陳腐になってしまうように感じるのは私の悪い癖かも知れません。
言え、他の作品を見てもそんなことは思わないのですが、いざ自分が重い設定を考えると途端に嘘臭く感じて……
まぁ、フィクションなんですから100%嘘なのですが。
重い設定やキャラの死で同情やお涙頂戴をしたくないっていうのが私の持論なんですよね。
でも、シリアスにするならある程度そういうところがないと話に深みを出しにくいし……
難しいところですね。


ジョジョが10月からアニメ化……? 2013年にオールスターゲーム化……!?
ほ、星のカービィ20週年スペシャルコレクションだけで今年は最高の年だと思っていたのに……
もう、幸せすぎます……
今の私なら、ちょっとやそっとじゃ死なない自信がありますよ!!
いやぁ……幸せだなぁ……
ただ、ジョジョのゲームPV観る限り格闘ゲームっぽいのが難点ですね……
いえ、格闘ゲームは好きなんですが、コマンド入力とかがすごく苦手な人なんですよ。
流石に波動昇竜はできるものの、あまり小難しいのになると指が回らなくて……
レバー二回転とかジャンプ中にやらないと成功しないレベルの下手さです。
……まぁ、愛があればなんとでもなるでしょう……多分。
キャラゲーだし、そこまで複雑なコマンドは要求しない……と思いたい……

第一弾のPVの時点で判明してるキャラは承太郎、二部ジョセフ、ジャイロ・ツェペリ、ワムウですね。
……何故ワムウ?
いえ、ワムウの参戦自体は不思議でもなんでもないんですが、第一弾PVで他の主人公を差し置いて登場したのが意外で……
でも、逆に言えば各部主人公と各部ラスボスのみという最悪の事態はないと言うわけですよね。
ワムウはおそらく敵とはいえ第二部の主要キャラの一人でその上派手な持ち技があるから採用されたと考えると……

第一部の主要キャラで派手な技(「クールに決めるぜ」帽子投げ)を持ってるスピードワゴンさんもワンチャンあるってことですか!?

……ムービーとかキャラ紹介とかでしか登場しなさそうですよね。
ナビゲートキャラが数人いて、その中の一人とかだったらちょっと嬉しいかも知れません。
「ストーリーモードだぜ、ジョースターさん」「対戦するかい、ジョースターさん?」みたいな感じで誰でもジョースターさんって呼ぶスピードワゴンとか。
まぁ、一番気になるのは主人公勢がどこまで登場するかってことですよね。
個人的にはポルナレフ、億泰、ナランチャ、ミスタみたいなシリアスもこなせるコメディリリーフキャラは使いたいですね。


アニメは……どこからどこまでなんでしょう。
やはり初見の人にもはまってもらうために第三部でしょうかね? おそらくは一番人気のある部でしょうし。
OVA化はしてるけど……微妙な展開に差違があったり、ギャグ部分をほぼ全てカットしたりしていますし。
ただ、第三部だと26話あっても足りるかどうかが……
第一部と第二部ならツメツメにすれば2クールに収まると思うので、そういう可能性もありますね。
……あくまで深夜枠と仮定した話ですけどね。
午前の時間帯にやっている今のハンターハンターもかなり修正はされていますがグロいシーンも結構残ってますし、午前や夕方の時間帯のアニメであるという可能性も……
て言うか、普通に血が出たりするバトルアニメが夕方の時間帯で放送されているからジョジョも大丈夫と思うんですけどね。……子供に悪影響を与えそうな言葉遣いがかなりあるのは確かですが。

後、アニメといえば新しいアニメが色々始まりましたね。
どれを観て、どれを切るか悩みどころです。
今のところ前情報の時点で観る気が起きないものか、二話、三話観てみないと決められないものが多くて……
今のところ視聴決定は「人類は衰退しました」ぐらいでしょうか。
前情報としては「タイトル通り人類は衰退しており、妖精さんが登場する」みたいな感じだったのでわりとメルヘンチックな世界観を期待したのですが……ちょいとブラックでした。
嫌いじゃないんですけどね、ああいうの。
社会風刺とか皮肉と言うより個人的には少し暗めな「あるあるネタ」と感じました。
第一話の軽いネタバレにはなりますが「事実の隠蔽」⇒「印象操作」⇒「脅迫的誘導」の流れとか、「優」「良」「可」の制度とか。
まぁ、加工済みチキンとか一斤さんとかは……メルヘン……なのかな?


以下はどうでもいい愚痴。

遊戯王CGIで1キルできなかったからってすぐにサレンダーする人なんて大嫌いだ……
こっちもほぼ1キルデッキで、1キル素材揃ってたのによぉ!!
て言うか、基本的に動画で使うデッキを調整するためにやっているのに、サレンダーされたりしたらたまりませんよ……なんか二、三ターンでサレンダーする人とかもいますし……
まぁ、パソコン越しとは言え初対面の人とデュエルするのは緊張するので、基本的に白湯さんとしかやらないんですが。
……むしろ白湯さんとばかりやるから他の人のそういう行為が無礼に思えてしまうのでしょうか?

それでは。
プロフィール

マスクド

Author:マスクド
すっかりデュエル脳に……

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。