スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ案についての返信2

デッキ案についての返信になります。
……すみません、ここまで遅くなってしまって。


tororoさん。
彼のデッキ及びデュエルスタイルについてですが、白湯さん曰く「すごく面白そう。本気でデュエルを作ってみたいと思った」とのことです。
なので、例のごとくどのタイミングになるかは分かりませんが、恐らく登場します。


どっかの通りすがりさん。
こちらもどのタイミングになるかは分かりませんが、恐らく登場します。


oeiさん。
白湯さん曰く「変則的なデッキですが色々なカードが入っておりコンセプトもしっかりしているのでデュエルが作りやすそう」とのことです。
しかし、動画の設定上使えないカードが2枚あります。
その代わり、切り札を出すための3枚のカードがやや少ないので最上級の彼と、相棒を出すための魔法カードをそれぞれ1枚ずつ追加しようと思います。


匿名希望(名前が書かれていなかったので、こう呼ばせていただきます)さん。
動画の設定上使用できないカードがいくつかあるので、そのカードだけは別のものと交換させていただきます。
それ以外の部分では問題なく採用できます。


雄輝さん。
非常に残念ですが、実はそのキャラは既に別のデッキを考えていました。
そして、そのデッキは変更したくないものなので、申し訳ありませんが採用はできません。
しかしながら、同じデッキを他のキャラに使わせたい場合は大丈夫です。

今回のように「事前に考えていたキャラとデッキが被る上に、そのキャラのデッキを変更すると不都合が起きる」場合や、また今後「投稿して下さったキャラと同じキャラのデッキを別の人が送って下さる」という場合が起こり得ると思います。
大変申し訳ありませんが、前者の場合はストーリーやモチベーションを保つために私や白湯さんが考えていたデッキを、そして後者の場合は先に送ってくださっていた方のデッキを優先したいです。
両方共のケースで「ダブったキャラのデッキがほぼ同じ」という場合ならまだしも、全然違う場合はこの様にさせていただきます。

また、事前に申し上げますが、投稿して下さったキャラやデッキが、絶対に勝つとは限りませんし、物語の上で重要な役割を担ったり大活躍したりするとは限りません。
私としてはやはりせっかく考えて下さったデッキなので一度は活躍の場を設けたいのですが、キャラの立ち位置やストーリーへの絡ませ方を考えたりすると、どうしても負けさせる必要がある場合もあるのでその場合はご了承下さい。

逆に、ストーリーへの絡ませ方によっては準レギュラー的なポジションを確立し、活躍の場も多々あるキャラもおり、依怙贔屓と思われるかも知れませんが、あくまでストーリーとしての流れを尊重した上での事なので、どうかお許し下さい。

本当ならこんな事は起きないようにするべきなのでしょうが、デッキの投稿数が私の予想を遥かに上回ってしまったので……
それについては勿論感謝しておりますが、感謝しているからこそ、その扱いに差が出てしまうことを申し訳なく思います。


それでは。
スポンサーサイト

ユウ☆キ☆オウ第22闘

ユウ☆キ☆オウ第22闘

ユウ☆キ☆オウ作るのが楽しすぎて他の動画が疎かになってしまう……
でも、気分ののっている内に動画を作ってしまいたいというジレンマ……
さらに、そろそろ自由な時間が減って動画投稿のペースが遅くなってしまう恐怖……

以下ネタバレ防止の為白文字。

と言うわけで花京院のデッキは【宝玉獣】です。
承太郎と対にするために融合デッキである【ジェムナイト】でも良かったのですが、やっぱり【E・HERO】と対になるのは【宝玉獣】かなと思いました。
まぁ、どちらの候補からも分かる通り、私の中での花京院のイメージはエメラルドスプラッシュです。
ルビー・カーバンクルの効果で宝玉獣が一斉に前に出るのもなんかエメラルドスプラッシュっぽいですし、エメラルド・タートルなんて名前からしてエメラルドですし。

後、誰対誰かを分かりにくくするためにサムネにカットインを採用しましたが、カットインのモンスターで少なくとも片方は分かってしまうというジレンマ……

それにしても、白湯さんの成長は顕著ですね。
最初の方と最近のものを比べると、明らかにそれが分かります。
今回に至っては私個人的にはユウキVSヨハン戦よりも熱い闘いなんじゃないかなと思います。
まぁ、今回はキャラの設定的にも両者ともにかなりの実力者なのでこうなったのでしょうが。


それでは。

ユウ☆キ☆オウ第21闘

ユウ☆キ☆オウ第21闘

第二部、始動。

以下ネタバレにつき白文字


今回はハンドレスコンボとフィールドレスコンボと言う異色な組み合わせのデュエルでしたね。
そして、闇楓さんがただの多重人格ではない事が判明。
闇楓……一体何者なんだ(棒)

そして『開かない棺』が開いたことにより、物語が始まってしまいました。
この棺からどのような冒涜的な存在が出てきたのか、楽しみですね。

……っと、BGMに「旧支配者のキャロル」使ったりこれみよがしに冒涜的とか言ったりしてちょっとクトゥルフ神話っぽい感じを醸し出しましたが、ぶっちゃけ私が最近クトゥルフTRPGの動画を見てクトゥルフTRPGに興味を持ち始めたってだけで、別にクトゥルフ的なことは一切ありません。

後、デュエルの勝敗が気になる方もいらっしゃるかも知れませんが、どちらも勝つ可能性があったとだけ言っておきます。


それでは。
プロフィール

マスクド

Author:マスクド
すっかりデュエル脳に……

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。