スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユウ☆キ☆オウ第5闘

ユウ☆キ☆オウ第4.5闘
ユウ☆キ☆オウ第5闘

4.5闘はストーリーだけの話です。
デュエルがあるとどうしても長くなるので、ストーリーを進めるにはこうするのが一番かと思いまして。
この二話で一気に話が進むと思います。

ネタバレにつき以下白文字

今回登場したフィールレスコンボなる謎の概念なのですが、これの発案者は白湯さんです。
「そんなデッキが成り立つのか!?」と思う方が多くいらっしゃるでしょうが……
成り立つみたいです。
95%の確率で最初の攻撃を防げるとか。
遊戯王は相手のターンに手札から効果を発揮するカードが少ないので難しいですが、他のカードゲームなら同じようなことは簡単にできるみたいです。
しかしそういうデッキとこのデッキの違いを大きく表すと、マジでこのデッキはフィールドにカードが残りません。
そりゃ、バトルフェーダーとかは仕方ないですが、それ以外なら基本的にフィールドに残りません。
・・・・すごいデッキだ。
ぶっちゃけ、私は動画に登場したカード以外は何が入っているのか知らないんですよ。
これから先、どうなるかが楽しみですね。


それでは。
スポンサーサイト

ユウ☆キ☆オウ第4闘

MUGENにクリスタル・ボーイがいたら【クリボー】デッキ使わせたいんですけどね。
「知るかバカ! そんなことよりデュエルだ!」

ユウ☆キ☆オウ第4闘

初めてのユウキも承太郎も戦っていないデュエルです。
出来る限り多くのデッキを出したいので、今後こういう事は多々あると思います。

ヨ派手についてはごめんなさい……
年内には上げて、せめて一ヶ月に一度ぐらいのペースには戻したいんですけどね。

白湯さんはとても謙虚で心優しく誠実な方です。後、ロリコンです。
なのであれを観て「ああ、白湯さんってこういう人なんだな」とは思わないほうがよろしいかと。

以下ネタバレにつき白色。

今回はエヴォルド、エヴォルダーのデッキです。
ちょうど強化されたばかりの旬なデッキですね。
ただ、組むのがものすごく面倒くさかったです。
今のところ進化への懸け橋とゲフィロスのコンボぐらいしか良い感じのがないですからね。
テリアスに至っては使えなさ過ぎて入れてませんし。
エヴォルダーがエヴォルドだけでなく、エヴォルダーによる特殊召喚にも対応してくれているとエヴォルドから連鎖的にエヴォルダーを展開できて面白いんですけどね。
まぁ、そんな事をすると逆に強すぎるんでしょうが。


後、マイリスコメですごく丁寧に動画の説明をしている方がこの動画については「おい、デュエルしろよ」しか書いてなくて笑いました。

それでは。

ディオ・ブランドーは落ち着けない過去語り編アナザー

アナザーの意味があっているかどうかは分かりませんが、アナザーです。

ディオ・ブランドーは落ち着けない過去語り編アナザー

しかし、番外編でも「もしも」編でもなく、ちゃんとした過去語り編の一部です。
ただ時間軸と視点が違うだけです。
この話はもっと先にやりたかったのですが、諸事情により先延ばしになっておりました。

なんか誤字が多いですが、気にしないでいただけると助かります。


それでは、しばらくユウ☆キ☆オウが続くでしょうが、ご了承下さい。


追記:wikiのバルバトス=ヤンデレという解釈は笑いました。「やっぱ一人じゃ寂しいから、これから毎日暗殺しようぜ(要約)」っていうのが特に。
流石にそこまで寂しがり屋な感じではないでしょうが、おそらく八郎太に対して何かしらのコンプレックスがあるので狙ったのでしょう。
或いは八郎太を自分と同じ存在だと考えており、同族嫌悪、もしくは自分を差し置いて幸せになる八郎太が許せなかったとか……
……なんで私は自分の動画に対して推測をしているんでしょう?

後、上記の通り今でもwikiは利用させてもらっています。流石に編集は行なっていませんが。
見ないと逆に別に失敗をしてしまいそうですし。
特に「動画使用に制限のあるキャラ」の一覧が出来たことはやはり便利ですね。
今のところ問題は⑨氏のキャラぐらいでしょうか?
カイザは条件が緩くなったようなので動画使用も可能かもしれませんが、せっかく思いついた設定ですのでパワーアップイベントにより別キャラに変わります。
プロフィール

マスクド

Author:マスクド
すっかりデュエル脳に……

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。